大阪府茨木市の歯医者さん 永井歯科医院

保険診療をメインに、歯科一般・歯周病治療・
訪問歯科診療等に幅広く対応いたします。
お問い合わせ

家族を診療するように、 皆様を診療させて頂きます 家族を診療するように、 皆様を診療させて頂きます


診療理念Philosophy 誠意を持って歯科医療を提供し、技術を軸に地域社会に貢献する
診療時間
10:00~13:00 / 15:00~20:00
※木曜日を除く

休診日
木曜・日曜・祝日
※ただし祝日のある週は木曜日も診療致します

住所
〒567-0891 大阪府茨木市水尾3-8-5 永井ビル1F
(水尾図書館横/2Fは永井眼科)

徒歩でのアクセス
大阪モノレール・阪急京都線
木曜・日曜・祝日
近鉄バス
「水尾三丁目」バス停下車 徒歩5分
アクセスの詳細はこちら

マタニティ歯科(Pregnant dental)

茨木市 永井歯科医院 マタニティ歯科 画像1
茨木市 永井歯科医院 マタニティ歯科 画像

茨木市 妊婦歯科健康診査

茨木市では平成26年6月から妊婦さんの歯科健診が始まっています。
当院でも受け付け致します。

ご希望の際には、茨木市こども医療センターにて、妊婦歯科健康診査受診巻を交付してもらってから、ご連絡下さい。

茨木市妊婦歯科健康診査 永井歯科医院 茨木市

妊娠時期における歯科治療のポイント

永井歯科医院 マタニティー歯科 画像3

妊婦さんの歯科受診で気をつけること

受診を躊躇するお気持ちもわからないではないけれど、悪化する前に

受診するほうが小さな治療で終わり、疲れずにすみますよ!

 

【妊娠中だと教えてください】

妊婦さんの治療では、使用する薬剤を妊娠期(初期・中期・後期)に合わせて配慮させていただいています。

来院した際には妊娠中だと必ず伝え、「母子健康手帳」をお持ちください。

また、産科の主治医に注意を受けていることがあれば教えてください。

 

【治療の相談はお早めに】

妊婦さんのお口のなかは、妊娠前と比べてむし歯や歯周病が進行しやすくなっています。

治療を躊躇すると思わぬ悪化をまねくこともあるので、症状が軽いうちに歯科医院で検査を受け体調に合わせて治療が受けられるように治療計画について相談しましょう。

 

【産科の主治医にも相談を!】

歯科治療をご希望の方は、妊婦健診の際に産科の主治医に相談しておきましょう。

妊娠高血圧症や妊娠糖尿病などにかかっていたり、外科などの大きな治療が必要な場合は必要に応じて歯科と産科が連携し全身状態を把握して治療を進めます。ご安心ください。

 

【意外と多い!親知らずのトラブル】

「親知らずの抜歯を先延ばししている」というかた、多いのでは?

歯ぐきが腫れやすくむし歯も進行しやすい妊娠中は、急に親知らずが悪化して抜くはめになるかたが意外と多いんです。

「将来赤ちゃんが欲しいな」と思ったら、親知らずは抜いておいた方が無難です。

妊娠初期(0~15週)の歯科的注意事項

永井歯科医院 マタニティ歯科 人物画像
つわりで繰り返し起きる嘔吐や、嗜好の変化と偏り、吐き気による歯みがき不足などのためにむし歯や歯周病になりやすいお口へと急激に変化しやすいです。

※注意点

赤ちゃんの重要な器官がつくられる大切な時期。

流産の危険性も考慮して、痛みや炎症をひとまず止めるための応急処置にとどめ、本格的な治療は安定期か産後に行います。

歯科医院で必ず定期的に経過観察を受けましょう。

つわり時の歯磨きの工夫

つわり時の歯磨きの工夫をまとめてみました。参考にして下さい。


・つわりが軽く、体調が良い時に磨く


・“ブクブクうがい”を十分に


・歯ブラシは小さめを選び小さく動かす


・臭いの強い歯磨剤を大量に使わない


・顔を下に向けて磨く


・奥から前にかき出すように磨く


・“ながら磨き”のすすめ

(テレビや音楽を聴きながら、お風呂に入りながら リラックスして)



*嘔吐直後の歯磨きについて


嘔吐直後は水などで十分にうがいをして、胃液の残留を洗い流しておく。


直後の歯磨きは歯の磨耗を引き起こし、酸蝕症となる危険があるため、
約30分は歯磨きを控える。


妊娠中期(16~27週)の歯科治療

永井歯科医院 マタニティー歯科 治療画像
徐々につわりがおさまって歯みがきが楽になってきます。
一方、食欲が増して間食の回数が増えるなど、食習慣の変化がむし歯の原因になりやすい時期です。
※注意点
胎盤が完成する安定期に入ります。
産後まで治療を待てない場合、外科処置を含む一般的な歯科治療を受けることができます。
激しい急性炎症をともなう進行した歯周病や親知らずの抜歯は、必ず産科の主治医の許可を得て行います。

 

妊娠後期(28~39週)の歯科治療

赤ちゃんが急激に成長して子宮が大きくなるので、胃が圧迫されて一度にたくさん食べられません。

ちょこちょこ食べる必要があるので、むし歯のリスクが上がる時期です。

 

*注意点

仰向けで診療を受けると大きくなった子宮に大動脈を圧迫され低血圧症を起こしやすくなります。

産科の主治医に相談し、歯科受診の際はチェアの背を少し立ててもらって短時間の応急処置にとどめるなど、体調に合わせた治療計画を立ててもらいましょう。

 

*低血圧症を防ぐには?

妊娠後期の仰向け姿勢で起きがちな低血圧症。

からだを左側に傾けると、大動脈の圧迫を避けられ低血圧症を防ぐことができます。

足を組み、タオルで背中を固定すると安定します。

 

永井歯科医院 マタニティー歯科 画像

赤ちゃんへの影響はだいじょうぶ?

治療を受けるとき気になるのが、麻酔薬や飲み薬、レントゲンの被ばく量。

赤ちゃんへの影響は、薬剤の種類や妊娠期により異なります。

 

【歯科の局所麻酔は?】

お産に使われているのと同じ麻酔薬です。赤ちゃんのためにも痛みのストレスを我慢しないで!

一般的な歯科治療でもっとも多く使われている麻酔薬リドカインは、無痛分娩や帝王切開にも使われ、妊娠全週で問題なく使用できる麻酔薬です。

通常量を使ってもまったく問題ないとされています。

一方、プロピトカインという麻酔薬には、子宮を収縮させ分娩を促進させる作用があるため、妊娠後期の妊婦さんには使用しません。

 

【歯科でもらうお薬は?】

お薬の安全性については、お腹の赤ちゃんに実際に試してみるわけにはいかないため、確認されているお薬はありません。

歯科では、比較的安全性が高いとされるお薬を、その効果が赤ちゃんへの影響を上回ると判断した場合に限り、必要最小限の処方をしています。

  
※抗菌薬※
比較的安全性の高いのがペニシリン系やセファム系の抗菌薬です。
ペニシリン系やセファム系の抗菌薬にアレルギーがあるかたには、マクロライド系の抗菌薬が第2選択肢となります。
治療上の効果がお腹の赤ちゃんへの影響を上回ると判断される場合に、最小限を処方します。
※消炎鎮痛剤※
比較的安全に使用できるとされているのがカロナール、アルピニー、ピリナジン(アセトアミノフェン)です。
「妊娠中比較的安全に使用できる」とされていますが(「産婦人科診療ガイドライン産科編2014」)痛みがありどうしても必要なときだけ、最小限を処方します。
【歯科のレントゲンは?】
歯科のレントゲン撮影は、歯や歯ぐきや歯を支える骨のなかに隠れていて見えないむし歯や歯周病を把握し、ピンポイントで治療をして最大限の成果を上げるために行う、とても重要な検査です。
レントゲン撮影なしの治療は、暗がりを手探りで歩くようなもの。精度の高い治療が困難になってしまいます。
歯科のレントゲン撮影の放射線量は、歯科用デンタルレントゲン撮影1枚につき約0.008mSv(ミリシーベルト)。
パノラマレントゲン撮影1枚につき約0.01mSvです。日本に住んでいる人が1年間に浴びる自然放射線量は約2.1mSv。
デンタルの放射線量はその 1/262、パノラマも 1/210nにすぎません。私たちは毎年、デンタル262枚分の自然放射線量を浴びているわけですが、そこにデンタル1枚分が加わったとしても、262枚分が263枚に増える程度です。
「50mSv未満の放射線量であれば、お腹の赤ちゃんへの影響と被ばく量との間に関連は認められない」(「産婦人科診療ガイドライン産科編2014」)とされており、この基準と比べても、いかに歯科のレントゲンの放射量が少ないかがご理解いただけるのではないかと思います。

フォローしていただくと最新情報がわかります。

Facebook Twitter Google+ mixi Ameba Blog LINE@ 求人のご案内
関連医院Affiliated hospital

医療法人 永井眼科、医療法人 永井医院も宜しくお願いいたします。

医療法人 永井眼科
Official Homepage 医療法人 永井眼科 Facebook Page 医療法人 永井眼科
医療法人 永井医院
Official Homepage 医療法人 永井医院 Facebook Page 医療法人 永井医院

誠に勝手ながら下記の日時を

年末年始休暇とさせて頂きます

 

12月30日(日曜日)

から

1月6日(日曜日)

 

良いお年をお迎え下さい


お問い合わせ